Templo de Hirata é um Soto Zen Temple, localizado a 10 km ao norte da estação de Nagoya. Todos à vontade reunir, aprender e apoiar uns aos outros como várias atividades. Lagoa preta dragão é venerada como um santuário de aldeia na região. Sinta-se livre para contatar-nos, doar, seu funeral e oração por favor.

Relatório do evento

5A reunião de Onda na lua terminou em segurança.


Como está? Uma mudança repentina na vida diária. É por isso que continuamos a fazer o que podemos no templo tanto quanto possível. A reunião de Onda em maio também terminou em segurança. O sino tocou às 9 horas, e oferecemos nossa gratidão e orações ao Deus Dragão, e a cafeteria das crianças foi realizada em forma de take-out. Os pratos servidos no refeitório infantil do templo são feitos à mão sem temperos químicos ou alimentos processados usando arroz e legumes orgânicos e cultivados naturalmente. Recebemos uma doação de bolo de chiffon artesanal da Takeichi, um baile matinal que você pode comer como é da Fazenda Higa. Obrigado sempre. Antes que eu perceba, vai ser um dia chuvoso.…

Ver todos os

Relatório onda


4É um relatório da reunião de Onda em janeiro. O templo foi capaz de girar o tempo com as pessoas por um longo tempo à tarde, quando o som da tigela de cristal foi colocado ao som da tigela de cristal e o templo foi capaz de girar o tempo com as pessoas por um longo tempo quando a mão foi montada como de costume para o dia que começou a partir do sino na época, e a lancheira que preparou o yakuzen miso que colocou muito poder da grama selvagem foi preparada e deu para a sala de jantar das crianças graças aos dias atuais. Tenho cantado com as pessoas que visitaram aqui. Originalmente, porque era feito para ser feito para ser capaz de ver o cenário do lado de fora a partir da abertura do assoalho, o calor de um fogão era sentido no salão onde um era bom embora fosse frio no verão e era frio no inverno. Não acho que seja bom ser indefeso ou acreditar demais no invisível, mas estou pensando no que é importante agora para que você não se assuste mais do que precisa. A reunião de Onda no segundo domingo de cada mês próximo é 10 de maio.()será realizada no No refeitório das crianças, realizamos uma lancheira cheia de legumes conosco. Os ingredientes são feitos à mão sem temperos químicos ou alimentos processados usando a água da nascente e o arroz cultivados pela água de primavera de Yaotsu-cho Miwa Motoyasu e força local, e os ingredientes são feitos apenas com rabanete e frango cozido batata doce e einomed. O refeitório infantil de arroz hirataji é operado com a esperança de que o refeitório das crianças hirataji de arroz compartilhe a sabedoria necessária para viver o futuro do cultivo. Na reunião de Onda, sou grato por estar sendo feito um uso dele agora, e imagino o fluxo de cultivar as bênçãos que recebi de Onda e entregá-la à próxima geração. O refeitório das crianças no templo é operado com a esperança de que eles compartilhem a sabedoria necessária para que seu futuro viva junto através da comida! #愛知 #aichi #北名古屋 #曹洞宗 #お寺 #北名古屋市 #平田寺 #temple #japan #懐かしい未来のお寺 #お寺ごはん #こども食堂 #子ども食堂 #平田寺食堂 #平田寺こども食堂 #恩田の集いLanguageこのページは自動的に翻訳されました. Por favor, note que pode ser diferente do conteúdo original.

Ver todos os

O segundo dia do piquenique olhando para o céu


昨日は子ども食堂の春休み企画「空を見上げてピクニック」の2日目でした麗らかな春の一日となりました ◆本日のメニュー◆大根菜の菜めし季節野菜とお揚げの味噌汁海苔と梅干のじゃがいもトサラダ青菜と人参のナムルわさび菜とセロリのマヨ&トマト麹炒め葉玉ねぎの甘酒酢味噌和えりんごとさつま芋の重ね煮菜花のもろみ和え食材は北名古屋市比嘉農園さんの有機無農薬野菜 豊田市遠藤翼さんの自然栽培玉ねぎ 八百津町三輪素康さんの湧水と地力で育ったお米ゆいの森主宰・発酵料理人古澤久美さんと一緒にお料理させていただきました。真如苑さんの助成金も活用させていただいていますやわらかな風が吹く境内で空を見上げて笑えること何でもないことが一番大事お寺でのこども食堂は、食を通じて共に育ちあうこと これからを生きていく上で必要な知恵を分かち合うことを願って運営しています。・#愛知 #aichi #北名古屋 #曹洞宗 #お寺 #北名古屋市 #平田寺 #temple #japan #懐かしい未来のお寺 #お寺ごはん #こども食堂 #子ども食堂 #共食 #平田寺食堂 #平田寺こども食堂 #ゆいの森Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Ver todos os

9O Sino da Alma do Ano


311 de março, 14:46, #鎮魂の鐘 # Great East Japan Earthquake #9年目の今日 #決して忘れない # Pray # Act # A partir do link do perfil, por favor, vá para o site de Hirataji. O dia do templo está escrito na página do bom dia todos os dias. #愛知 #aichi #北名古屋 #曹洞宗 #寺 #北名古屋市 #平田寺 #名古屋 #temple #japan #temples #懐かしい未来のお寺 #つながるかもすプロジェクト #つなかもLanguageこのページは自動的に翻訳されました. Por favor, note que pode ser diferente do conteúdo original.

Ver todos os

何もなくて豊かな島カオハガン島オーナー崎山克彦さんお話会


もう3週間も前のことになってしまいましたが。。。 何もなくて豊かな島 カオハガン島オーナー崎山克彦さんのお話会が終わりました。 崎山さんがカオハガン島と出会ったときのお話 狩猟と交換で成り立つ島民の暮らし この30年間で 何が変化してきたのか カオハガン島のこれからのについて 参加された方々も含め様々な話題で盛り上がりました。 小さな人も一緒にカオハガンキルトを囲んでのとき。 持ち寄りで開催したランチタイムも楽しい時間でした。 崎山克彦さん 夏にまたご帰国の予定だそうですので、 このような会、また企画させていただきますね。 お集まりくださったみなさま ありがとうございました。 ・ 【平田寺】HEIDEN-ji Temple

Ver todos os

山田征さんお話会が終わりました


山田征さんのお話会が終わりました。今回も 自然エネルギーのお話を中心にして。風力や太陽光を利用しての発電装置、風車やソーラーパネルを増やすということは、多くの緑や樹木が失われるということ。緑がなければ、新たな水も雲も生まれず 地球は乾ききってしまいます。緑がなければ、二酸化炭素を吸収して新しい酸素も生まれません。緑がなければ、動物も植物も生きてはいけないのです。お話会には、御嶽のふもとでもう十数年、電気もガスも水道もない暮らしをされているご夫妻がご参加下さいました。前夜は お寺に宿泊された征さんもご一緒にお土産の手打ちのうどんをいただきつつお話したり音楽を奏でたり。翌朝は七輪で自家焙煎されたという東ティモール産のコーヒーをいただきながら明るんでくる庫裡で静かなとき。コーヒーの香りが長い廊下を伝ってお堂の中に広がって、ゆっくりと流れる時を味わいながら 暮らしていくことに無防備になっている自分を発見した朝でした。蛇口をひねれば水が出て、スイッチを押せば電気がつく。最近は蛇口をひねるどころか手をかざすだけで水が流れたり、通りかかっただけで明かりが灯ったりすることもありますが。。スーパーに行けば 季節を問わず色とりどりの野菜や様々な種類のお肉や魚介。まるで使い捨てのようにどんどん消費される衣類夏涼しくて冬温かい住まい。心地よさとは何でしょうね。電気やガス、水道を必要とするならば それらがどんな仕組みで成り立ち どんな風に私たちの手元に届くのか 最低限そんな知識を持っていたいなあとおもいます。いつも冷静で奥深い征さんの言葉を思い出しながら、中途半端な知識や情報ほど人を不安にさせ混乱させるものはないなあと思ったりしています。お集まりくださったみなさまありがとうございました。またこのような機会を作ります。プロフィールのリンクから平田寺のウェブサイトへどうぞ。日々是好日のページにお寺の日々を綴っています。・#愛知 #aichi #北名古屋 #曹洞宗 #寺 #北名古屋市 #平田寺 #名古屋 #temple #japan #temples #懐かしい未来のお寺 #山田征 #再生可能エネルギー #自然エネルギーのほんとうのこと平田寺 HEIDEN-ji Temple 0568-48-6806yumikoon@gmail.comwebsite https://heidenji.jp/facebook https://www.facebook.com/heidenjiLanguage Esta página foi automaticamente traduzida. Por favor, note que pode ser diferente do conteúdo original.

Ver todos os

2月恩田の集いのご報告


恩田の集いは、毎月第2日曜日に開催しているお寺の月例行事です。恩田(おんでん)とは、恩恵を生みだす源という意味。自分を支えてくれているあらゆるもののお陰さまに気づき、感謝し、恩田から受けた恩恵を、今度は自らが耕し次世代へと手渡していく、そんなゆるやかな流れを想い描いています。9時の鐘から始まる一日。9時30分からは黒池龍神例祭と法話10時30分からは、伝統楊式太極拳の練習会が行われました。◆庫裡では、つむぎて×つながるかもすプロジェクト共催の「味噌の仕込みと薬膳みと床作り」◆本堂では、まあるいごえんさんによる、サイズアウトしたお洋服やおもちゃの譲渡・交換の会 ◆平田寺こども食堂にも沢山の方がご参加くださいました。◆クリスタルボウルヒーリングは、各月で開催しています。◆最後は、仕込んだお味噌に祈りを込めてご祈祷の写真です。その年にお米と大豆の収穫があって、麹を育てることができて塩が手に入り、薪を焚いて湯を沸かし力を合わせて仕込む味噌。寒中、節分前に味噌を仕込みつつ新しい年の暮らしの無事を願う。生きていくことは有り難いことの繋がりですね。衣食住に関する不安材料は多々ありますが、先ずは今ある暮らしに感謝することから始めなければ、と思う一日でした。※かつらこさんの「小さなお雛さま作り」は、開催人数に満たなかったため開催延期となりました。・平田寺の周りには素敵な作家さん、職人さんはじめ様々な分野でご活躍の専門知識や技術をお持ちの方が沢山いらっしゃいます。ご希望がございましたら、講座やものづくりワークショップなどのコーディネイトをさせていただきますのでお知らせくださいね。・恩田の集いは、ご来山いただいた方々と共に 美しいもの 心地よいもの 音や風 光やいのちを循環させる日。生かされていることに感謝し、ひとりひとりが学び、考え これからを生きていくために必要な知恵を共有する場でもあります。・来月の恩田の集いは、3月8日()に開催します。・【平田寺】HEIDEN-ji Temple北名古屋市九之坪宮前6番地tel 0568-48-6806e-mail yumikoon@gmail.com「平田寺」heidenji.jp「日々是好日」のページに、お寺の日々の出来事やお知らせを綴っています。・#愛知 #aichi #北名古屋 #曹洞宗 #お寺 #北名古屋市 #平田寺 #temple #japan #visitjapan #japanegirl #art_of_jaかpan #nipponpic #日本の風景 #japan_photo

Ver todos os

お話会「Gapyearのススメ」のご報告


お話会「GAP YEARのススメ」の報告です 集まりくだささったみなさま、ありがとうござました。 Gap yearの説明にはじまり、自身の小中学生時代のこと、高校を卒業してからこれまでに訪れた国々のこと、そこで体験したこと、思ったこと。 Gap yearを経験したことで見えて来た未来や気づき。そんなお話をした後に、ご参加の方々との交流タイムを持ちました。 自分のこれからや進路について悩んでいる若い世代の人たちに、選択肢のひとつとして情報を届けたい。そんな思いで企画したお話会でしたが、自分の思いを伝えることに難しさも感じたようです。 ご参加くださった大人の方には、拙い話に耳を傾けて下さり、若者のこれからにエールをおくって下さったことに心より感謝申し上げます。 若い人たちには、実際に足を運び色々な人に会って、その国のその土地のその場の雰囲気を肌で感じで欲しいと思います。 洸奈さん、現在はマレーシアに戻り来月から始まる学部の準備をしつつ、今を満喫しています。 次の帰国の際には、マレーシアでの大学生活についてシェアする機会を持ちたいとのことですので、またこちらでもご案内させていただきますね。 ・ プロフィールのリンクから平田寺のウェブサイトへどうぞ。 日々是好日のページにお寺の日々を綴っています。

Ver todos os

節分会2020


節分会の日には、もちろんお参りもします。お寺ですから!節分の日は 新しく始まる一年の幸せを願ってお参りをした後に、古札やお役を終えたお守りのお焚き上げをしています。・プロフィールのリンクから平田寺のウェブサイトへどうぞ。日々是好日のページにお寺の日々を綴っています。・【平田寺】HEIDEN-ji Temple北名古屋市九之坪宮前6番地tel 0568-48-6806e-mail yumikoon@gmail.com・・・・・#愛知 #aichi #北名古屋 #曹洞宗 #お寺 #北名古屋市 #平田寺 #temple #japan #visitjapan #japanegirl #art_of_jaかpan #nipponpic #日本の風景 #japan_photo

Ver todos os

わらべうたとやさしいごはんの会2020.2.3


わらべうたは、人々の暮らしや遊びの中で自然発生的に生まれ、 長い間うたい継がれてきた日本の伝承文化です。 そのやリズムはどこか懐かしく、唄いながら遊ぶことで、 人間関係や親子の仲をよりよい方向に変えていく力が秘められていると言われています。 周囲の大人が小さなひとへの愛情を表現することは、 大きな喜びを与えると同時に社会化に向けて働きかける活動でもあります。・「わらべうたとやさしいごはんの会」では、わらべうたをうたったり絵本を読んだりしながら親子の時間を楽しんだ後は、ベジ発酵料理人古澤久美さんの特製ランチをいただきながらあれこれお喋りをしています。20年以上も前に私にわらべうたや絵本の魅力を教えてくださった元美和町図書館司書の山口陽子さん、現在名古屋市の天白図書館で司書をされている小此木ひとみさんのおふたりが交代で わらべうたを唄いに来てくださいます。大曽根で食のアトリエ「ゆいの森」を主宰されている古澤久美さんは、お昼ごはんの時間もご一緒してくださっています。発酵のこと、お料理のレシピ、離乳食のことなど 暮らしのついてのあれこれに花が咲く時間です。・【わらべうたとやさしいごはんの会】次回は2020年3月2日()10:30-13:00に開催します。参加費 2000円(ランチ代込み)・【平田寺】HEIDEN-ji Temple北名古屋市九之坪宮前6番地tel 0568-48-6806e-mail yumikoon@gmail.com・・・・・#愛知 #aichi #北名古屋 #曹洞宗 #お寺 #北名古屋市 #平田寺 #temple #japan #visitjapan

Ver todos os
12