平田寺は、名古屋駅から北へ10kmに位置する曹洞宗寺院です。誰もが気軽に集い、学び、支え合う場として様々な活動をしています。黒池龍神は、地域の鎮守として信仰の対象となっています。永代供養・ご葬儀・ご祈祷などのご相談もお気軽にどうぞ。
平田寺 トップ画像

日々是好日

平田寺の日々ブログ


2023年1月1日 : 迎春 令和癸卯五年
迎春 令和癸卯五年 住職 長谷川 史道 

新年明けましておめでとうございます。
今年は平田寺に西国三十三霊場の観音様がお祀りされて三百年という節目の年です。
先代中島住職が昭和四十九年に書かれた手記が残っています。
「享保五年・六年の二年続いて、江戸には大火がありました。
地元(九之坪)の人々は、くらしの無事を祈り、
享保八年(一七二三年)平田寺六世了堂嘉哲和尚と相談し、
三十三体の観世音菩薩をお祀りすることにしました。
近年になって、お堂の雨漏りで観音様は破損し、その数も二十五体になってしまいました。
新命住職としては、何をおいても、篤信の方々のご理解により、
破損している物は修復し、無くなってしまった八体は新たにお作りし、
三十三体の観音様がお揃いなったところで、往時の人々の祈りを込めて開眼供養をしたいと願っています」

そののち昭和五十五年、平田寺だけではなく
瑞雲寺・観昌寺・松元院・寿宝院の檀信徒、縁者の皆様のお力添えもあり無事修復、開眼法要も行われました。
三〇〇年という長い間、どれ程たくさんの方の祈り・願いが込められてきたのでしょうか、
そう思うだけで心が一杯に満たされてきます。

今年の干支は『癸卯みずのと うさぎ』です。
「癸 キ」という字は、「揆」と同じ文字で、物事をはかるという意味があります。
また「計る」には標準や原則が必要です。
ですから「癸」が示すところは、あらゆることに筋道を立てて、
はかる・考える・処理をするという意味になります。
ところが、その筋道を誤る・無くすと、物事は自然に混乱し、
その結果ご破算にしなければならないようなことになります。
むかしの百姓一揆など、庶民が支配者にたいして抵抗・暴動を起こすことを「一揆」といいますが、
元々は「揆一キイツ…原理・原則・大切なことはいついかなる時代・ところにおいても変わらない、
揆は一つである」をひっくり返して使われた言葉で、
支配者が道を失った時に自然発生的に起こる行動を文字をさかさまにして「一揆」と使い始めたようです。

「卯」は、ボウと読み、冒または茅・茆と同じ意味があります。
これは陽気が発作的に起こり、草木でいうなら、芽や葉がしげるということになり、故に卯は茂に通じます。
卯はもともとは兎ではなくて、いばら・かやという文字です。
また、卯の字を分解的にみると、真ん中の二本の縦線は門柱、両側は門扉を開いた形、
すなわち今まで手をつけていなかった未開地への扉を思い切って開く、
勇気をもって混乱した諸問題に取り組むことを表しています。

そこで癸卯という干支の年は
「すべての物事は筋道を立てて処理・対応してゆけば、繁栄に導くことができるけれども、
筋道を誤ると、こんがらがっていばらやかやの中を進むがごとくとても困難で、
その結果、混乱・動乱あるいは破壊につながる」という意味になります。

コロナウィルスの問題が始まってまる三年。
すでに世界中のほとんどの国々でブースター接種を推奨せず、
コロナ禍前の状態を取り戻しているにも拘らず、
日本では第六波(令和四年一~三月ごろ)以降、感染者はどんどん増え、今や世界トップの感染者が出ています。
「過ちを正すに、はばかることなかれ」そろそろこの国のコロナ対策の抜本的な改革と
一人一人の意識の変化が必要な時と衷心より思っているのですが・・・
今年こそ皆が笑顔になりますように。

#愛知 #aichi #北名古屋 #曹洞宗 #寺 #北名古屋市 #平田寺 #名古屋 #temple #japan #temples #懐かしい未来のお寺 #迎春 #2023 #令和癸卯五年 

website
https://heidenji.jp

instagram
https://www.instagram.com/heidenji_temple/

facebook
https://www.facebook.com/heidenji

Twitter
https://twitter.com/heidenji

2022年12月26日 : 年末年始と新春行事のご案内
年末年始と新春行事のご案内

年越しを前に ちまちまと新年を迎える準備をしております
昨日は、檀家さん方にご協力いただきお寺の大掃除をしました
心穏やかににこやかに年末年始を迎えられますように

【末末年始と新春の行事予定】

除夜の鐘 12月31日 23:30~24:15
年始詣り 1月2日 10:00 ※檀信徒並びに本堂に預骨・位牌のある方
新春大般若祈祷法要 1/8(日) 15:00
初観音300年大祭 1/15(日) 9:30~14:00
節分会 2/3(金) 16:00

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ヘナ会 1/7(土)・1/19(木) 14:00~16:00
ボリウッドダンスクラブ 1/12(木)・1/19(木)・1/26(木)・1/21(火) 10:00~11:30
陰陽五行と望診の勉強会 1/18(水)
醸しもの部 1/21(土) 10:00~12:30
野草講座 1/21(土) 10:00~12:00
参禅会 四九日をのぞく毎朝5:20~6:00 1/5・1/8はお休み
太極拳同好会 1/12(木)・1/26(木) 13:30~14:00
きもの部 1/28(土) 10:00~12:00

◆お問い合わせ、お申し込み
メール yumikoon@gmail.com(長谷川)
電 話 0568-48-6806(平田寺)

#愛知 #aichi #北名古屋 #曹洞宗 #寺 #北名古屋市 #平田寺 #名古屋 #temple #japan #temples #懐かしい未来のお寺 

website
https://heidenji.jp

instagram
https://www.instagram.com/heidenji_temple/

facebook
https://www.facebook.com/heidenji

Twitter
https://twitter.com/heidenji
2022年12月24日 : 初観音300年大祭
初観音300年祭のご案内です

いまを溯ること300年前、1723年(享保8年)に檀家・宗旨・宗派を越えた多くの方々によるご寄進により、西国三十三霊場すべての観音像が奉納されました
大祭では、お顔立ちの異なるすべての観音像を間近でお参りできるようにお祀りします
年に一度の貴重な機会です 
是非お参りください

【初観音300年大祭】
2022年1月15日(日)9:30~14:00 
受 付  9:30 
ご祈祷 10:00/13:00 ご祈祷(ご祈祷料3000円)
餅つき 10:30 つき始め 
     ※器とお箸をご持参ください
     ※無くなり次第終了します
観音茶会10:30~14:00(レクチャーつき500円)
      気軽に体験していただける略式のお茶会です 

10時と13時のご祈祷の際、浄道場の儀式で散華を撒くお役をしてくださる方も募集しています
仏事に関わってみたいという方は、お問合せ下さい

◆お問い合わせは◆
メール yumikoon@gmail.com(長谷川)
電 話 0568-48-6806(平田寺)

#愛知 #aichi #北名古屋 #曹洞宗 #寺 #北名古屋市 #平田寺 #名古屋 #temple #japan #temples #懐かしい未来のお寺 
#初観音大祭 #300年祭 #観音茶会 #餅つき
website
https://heidenji.jp

instagram
https://www.instagram.com/heidenji_temple/

facebook
https://www.facebook.com/heidenji

Twitter
https://twitter.com/heidenji
2022年12月24日 : 小崎幸恵さんと学ぶ陰陽五行と望診【しあわせの種 めぐる扁】

小崎幸恵さんと学ぶ陰陽五行と望診【しあわせの種 めぐる扁】
陰陽論と五行説を組み合わせた「陰陽五行・陰陽五行説」の基礎から応用、望診のお話、マクロビオティック(穀物・菜食を中心とした伝統食)のこと、心の持ち方のお話など、様々に広がるお勉強会です
幸恵先生の特製ランチもおすすめ!

◆と き 2023年1月18日(水) 10:30~13:00
◆参加費 3500えん(ランチつき)
◆定 員 10名
◆予約お問い合わせ
メール yumikoon@gmail.com(長谷川)
電 話 0568-48-6806(平田寺)

#愛知 #aichi #北名古屋 #曹洞宗 #寺 #北名古屋市 #平田寺 #名古屋 #temple #japan #temples #懐かしい未来のお寺 #小崎幸恵 #望診 #陰陽五行 #しあわせの種 #マクロビオティック
2022年12月24日 : 半谷美野子さんの野草講座【ビワの葉チンキづくり&ビワの葉蒟蒻温湿布体験 】
毎回大人気の半谷美野子さんの野草講座のご案内です

今回は、冬に薬効が1番高まるといわれているビワの葉でチンキ作りをします
ビワの葉は、3000年も昔から様々な病気の治癒や症状の改善、体質改善、病気の予防や美容効果もあるといわれている優れた薬用植物。
チンキ(ティンクチャ―)とは、素材の持つ有効成分をアルコールで抽出したエキスのことです
出来上がったチンキは、化粧水や入浴剤、温湿布の他、うがいや飲用など日々の生活で活用して頂けます。

ビワの葉をご自分で採っていただくことから行い、周りの冬の植物についてもご案内します
また、ビワの葉の活用方法の1つ、ビワの葉蒟蒻温湿布の気持ちよさを体験して頂きます。
ビワの葉茶飲みながら、手作業しながらビワについて学んでみませんか?

身近な植物を暮らしの中に取り入れたいと思われている方、まずは、市販の薬ではなく自然の力でどうにかしたいと思われている方にもおすすめです


【ビワの葉チンキづくり&ビワの葉蒟蒻温湿布体験 】

◆とき
2023年1月21日(土) 10:00~12:00

◆講師
ナチュラルクラフト木nezumi 半谷美野子さん

◆参加費
3500円

◆定員
8名

◆予約お問合せ
メール yumikoon@gmail.com
お電話 0568-48-6806

◆もちもの
30cm×1mぐらいの手ぬぐいサイズの浴用タオル2枚
キッチンばさみ
硬めの毛の古い歯ブラシや玉ねぎなどが入っている網の袋、
ビワの葉収穫用のビニール袋

★枇杷の葉を外で採るので、運動靴と暖かい服装でお越しください。
剪定ばさみお持ちの方はご持参ください
★当日はハイネックやタートルネックをさけ、首の後ろが出る服装でお越しください。

#愛知 #aichi #北名古屋 #曹洞宗 #寺 #北名古屋市 #平田寺 #名古屋 #temple #japan #temples #懐かしい未来のお寺  #半谷美野子 #ナチュラルクラフト #木nezumi #枇杷の葉 #ビワの葉チンキ #ビワの葉蒟蒻温湿布

お問い合わせ・ご予約はメールまたはお電話にて
メール yumikoon@gmail.com(長谷川)
電 話 0568-48-6806(平田寺)


お問い合わせはこちら
0568-48-6806
ご質問等ございましたらお電話ください。