平田寺是一座苏托禅寺, 距离名古屋站北距10公里。 每个人都可以自由地聚集、学习和支持对方作为各种活动。 黑塘龙被崇拜作为村庄神社在区域。 请随时与我们联系, 捐赠, 您的葬礼和祈祷。

平田寺


环境指南
主会场

钟楼


細野要斎著『感興漫筆』第十三巻には、鐘の銘の序に「白坂雲興寺第7世の開基」鐘の銘は「貞享二年乙丑十月十五日加乗寺白卍山の撰なり」との文があります。1685年(/1685)に鋳造された名鐘で、音色がよく 明治の頃アメリカへ売られそうになったこともありましたが、檀家総代が横浜港まで出向いて買い戻したという逸話が載っています。この鐘は戦前まで朝11時と夜9時に時を告げていましたが、戦時の金属供出の為、1983年(8月/1983)年に新調したものが現存しています。現在は、大晦日の除夜の鐘、恩田の集い、行事の日の朝に時を告げています。

龙津池塘
境内にある龍神池は、元は東西に長い池でしたが、1912(1912)名古屋电气化铁路(美铁井内山线)が敷かれた際、池の西半分が埋め立てられました。池のほぼ中央に石がひとつあり、かつてはこの石を挟んで、南北に渡り石があったそうです。池の水は湧き水で満たされ、山門前の参道の溝に流れていました。池にはカメがたくさん棲んでいて、戦前には、子どもたちがカメを捕まえて家に持ち帰ると、親たちは祟りを畏れて、カメに酒を飲ませて池に放していました。

名鉄犬山線が敷かれるとき、龍神池を埋め立てる工事をすると祟りがあると言われたので、工事が進まなかったそうです。そのために、この池のところでは線路がカーブになっているという逸話が残されています。

黑龙公司
2012年, 是博物馆搬迁到新建筑举行的。
首先, 到柳津池塘和孵化场金鱼(放生), 其次是个人游客超过200人谁是蜡烛到光(千种灯具)寺庙净化, 有色。 奇瑞是天空中红色鸟类的活动(云中的朱红色鸟形)1晃动, 似乎发生了伊皮卡内地震(在佛经中, 当事情发生在《六》中的时候, 佛陀或佛陀被写成黑暗的标志).
之后, 你们中的许多人聚精会神地观看, 从知寺到新的神社搬迁仪式举行了。 这是在 cbc 电视台的 "手" 上播出的。
计划这是一个旁白, 但当时, 新的主楼是, 但没有提前的故事去思考。 意识到 "从思考的人的方便是无用的, 首先, 上帝的方便。 刷新陈旧的龙神社 "和。 新的搬迁仪式在遭遇三天后, 是在未来 2 5年结束时新的。
龙津真是奇迹般的出现。

弘法堂
主楼西侧(前左)科波大石的图片供奉, 已经。 另外, 站立石头雕刻了 "nishiharu 21 大石朝圣" 到教堂响铃入口的南部,。
kobo daishi kukai 正在改变许多日本人和寺庙所熟悉的教派。

白龙公司
在松树下, 寺庙里供奉着一座白龙神社。 博物馆是一块白色的石头, 有30厘米大。
原来, 城市内森诺里尤基保持居民近 40年, 供奉和崇拜作为监护人的房子单独保护你, 失去了她的丈夫一直很困难, 是对2014年夏天的捐赠。